コラム
HOME > 人材採用の記事一覧 > 飲食店の効果的な採用方法
飲食・外食 全業種

飲食店の効果的な採用方法

超人材不足時代!飲食店の採用に変化が必須

皆様こんにちは。
飲食企業の「WEB採用」を専門分野としてコンサルティングをしております、
船井総合研究所の釼持(けんもつ)と申します。

全国各地の飲食店で「人材不足」の現在、
様々な対策が導入されています。

・厨房の機器やシステムを取り入れた業態開発や業務改善
・留学生などを始めとした外国人の採用強化
・新卒や女性など人材を多様化して活躍できる環境づくり

など、これらはいずれも長期的な視点での取り組みとなります。
直近から3年にかけては現在活躍している店長クラスの人材、
料理人やアルバイトスタッフの確保がどうしても必要になります。

採用できる飲食店は、何をしているのか?

しかし年々減り続ける働き手や
上がり続けている求人コストなどにより、
今までと同じやり方での採用は非常に苦戦します。

採用に成功している飲食企業の特徴
反対に、採用に成功している飲食店の共通点は下記のようになります。

①自社のホームページでお店や会社の魅力を伝えて採用している
②新しい採用ルート(IndeedやSNSなど)を活用している
③人材が定着し活躍する風土や環境が整っている

これらを自社に落とし込み、まずは現場スタッフや即戦力人材を採用して頂ければと思います。

採用に成功した飲食店の事例一部紹介

≪採用に成功した飲食企業≫

「超人材難」と呼べる時代にも、働き手が集まっている、
飲食店の採用成功事例をいくつかご紹介させて頂きます。

・大阪府L社様
「家族経営の小さな中華料理店!新規出店に向けて料理経験者3名採用!」
⇒ 3ヶ月で正社員応募18名/応募単価1.8万円

・栃木県C社様
「人口4万人の町でも!郊外エリアでたった1ヶ月で、正社員12名応募!」
⇒ 1ヶ月で正社員応募12名/応募単価2,500円

・愛知県T社様
「深夜営業の居酒屋企業にも働き手が集まる!社員応募が25名!!」
⇒ 6ヶ月で正社員応募25名/応募単価2万円

・東京都E社様
「東京都内の激戦区でも、正社員30名応募&パート30名応募で
月々5万円のみで毎月10名ずつの安定採用!!」
⇒ 3ヶ月で応募60名/応募単価5,000円

飲食店は変化しなければ人手不足時代に勝ち残れない

今後のさらなる人口減少時代に向けて、
一つずつ対策を進めて頂ければと思います。

——————————————————————–
~採用できる飲食店!新しい採用の考え方~
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-inshoku/saiyou-web2016-dl.html
——————————————————————–

担当コンサルタント

釼持 哲史 ケンモツ サトシ

フードビジネス支援部/フードビジネス採用チーム


このコンサルタントに無料経営相談を申し込む
トップに戻る