コラム
HOME > 人材評価の記事一覧 > 長時間労働是正のための大きな壁
飲食・外食 全業種

長時間労働是正のための大きな壁

生産性向上

なかなか進まない飲食業界の長時間労働の是正

今や、飲食店経営における最も大きな課題になっている長時間労働の是正。
労働時間を短縮するために、各企業が様々な取組みを行っている中、なかなか進まない(労働時間が短くならない)というお声を頂くことも少なくありません。

長時間労働の是正を進めていく上で、大きなボトルネックになっているのが
① 従業員の意識の問題(ソフト面)
② 店内設備や営業時間による物理的な問題(ハード面)
があげられます。

今回はソフト面(従業員の意識の問題)に関する課題を解決する方法をお伝えしたいと思います

そもそも従業員は、労働時間を短くしたいと思っていない!?

飲食店においては、営業時間が決められており、営業時間外の時間に準備や片付け(仕込や掃除)を行うため、従業員の労働時間は長くなりがちで、慢性的な残業体質になっています。

給与体系においても、残業代ありきになっているケースが多いのが現状です。

この、「労働時間の長さ」と「給与の高さ」が比例関係にある以上、労働時間の短縮の取組みは進まなくなります。なぜなら、従業員は休みが増えたり、時間が短くなるのはありがたいと思っていますが、それ以上に、給与が減額する事のほうが死活問題だからです。(残業代込みの給与で生活設計を立てているケースが大半)

ですので、「労働時間の短縮」⇒「給与は現状維持」という仕組みを作らなければなりません

労働時間の短縮⇒給与の現状維持の仕組み化

労働時間を短くしながらも、現状の給与を維持していくためには、従業員の生産性を高めていかなければなりません。
そのためには、今までの同じ時間内で、多くの粗利を上げる(生産能力・スキルの向上)や、今までと同じ粗利を、少ない時間で生み出す(作業効率化)の取り組みが必要になります。

そして、その行動と成果こそが、評価され、給与に反映させる仕組みにしなければなりません。

労働時間を延ばす以外に、給与を上げる選択肢を、従業員に周知させることが重要です。
給与を上げるために、労働時間を延ばすことしか知らない従業員は、仮に仕事が減ったとしても、勤務時間を減らそうとはしません。

従業員の意識が変わらなければ、労働時間は短くならない

従業員にどのような行動を取ってほしいのか。
それを明文化したものが評価制度です。もし現状、従業員の行動が、会社が求めている行動とギャップがあるとお考えでしたら、評価制度の見直しをお勧めします。
時代の変化によって、KPIの優先順位や評価基準が変わるのは当たり前です。
まさにこれからの時代は、生産性を上げるための行動こそが、評価の主軸にこなければなりません。過去に作った評価制度において、今一度見直すときがきていると思います。

担当コンサルタント

石橋 恒夫 イシバシ ツネオ

フードビジネス支援部/フードビジネス生産性向上チーム

>詳しく見る

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む
トップに戻る