コラム
HOME > 人材採用の記事一覧 > 採用の仕組み化で採用単価5万円以下を実現!
医療・介護・福祉・保育 全業種

採用の仕組み化で採用単価5万円以下を実現!

採用の成否の鍵は「採用の仕組み化」の導入

皆さん、こんにちは。
介護業界で採用・定着・育成をご支援している植野公介と申します。

介護業界では、目下人材不足が経営者の悩みの種です。
他の業界でも同様ですが、介護業界は不人気業界でもあるため、特に人材確保には苦労しています。

事業戦略=採用戦略と言っても過言ではないほど、採用がうまくいっていないところは、
人材不足に伴って介護施設が運営できなくなり、売却や閉鎖なども相次いでいます。

そんななか、逆に採用がうまくいっているところはどんどん施設を展開されており、
採用では困らないため、定着・育成・研修に力をいれることができ、結果的に離職率低下、管理者が育つ環境を作られています。

なぜこんなにも採用に差がでるのか、それは「採用の仕組み化」ができているか否かの違いだけです。

採用予算・ダイレクトリクルーティングの理解が成功の第一歩

「採用の仕組み化」とはどういうことなのか。

それは、定期的に人材を選んで採用できる環境を作っているかということです。

残念ながら、毎年介護業界では平均18%程度の離職が発生します。
100人の会社であれば、毎年18人が退職しているのです。

退職理由は様々ですが、大体半分は致し方ない離職です。夫の転勤、結婚・妊娠・出産・育児、定年退職などです。
もう半分は会社に対する不満で、そのほとんどが人間関係のもつれからきています。

もちろん会社の風土も良くしていくことも重要ですが、まずは自法人の年間退職数を確認し、
それに合わせて採用予算を設けることです。一人採用コストが10万円かかって18人辞めていれば、年間の採用予算は約180万円です。

その採用予算を月別で割り、毎月採用活動を実施するのです。
それだけで、職員が辞めたことによる、急遽の補充採用がなくなり、妥協した採用もなくすことができます。

それがまず「採用の仕組み化」の第一歩ですが、具体的に採用できる手法があります。
それは「ダイレクトリクルーティング」という手法で、具体的な実施策は「採用チラシ×お仕事説明会」「採用ホームページ×indeed」という内容です。

採用単価5万円以下で採用できる採用手法

「ダイレクトリクルーティング」とは、求人広告を掲載してから応募がくるまでの「待つ採用」ではなく、求職者以外の休職者・就業中の方も含めた潜在層にまで直接アプローチしていく「攻めの採用」を言います。

その「攻めの採用」を実現するにあたり、一番介護業界で費用対効果の高い人材採用を実現できるのが、「採用チラシ×お仕事説明会」と「採用ホームページ×indeed」です。

詳しい内容はのちほどご案内する弊社のダイレクトメールに記載があるので割愛しますが、介護職は「採用チラシ×お仕事説明会」で採用単価5万円以下で採用が可能です。
看護師・ケアマネ・生活相談員などの資格職は「採用ホームページ×indeed」で採用単価10万円程度で採用が可能です。

一般的に介護職では1名採用で10万円以上、看護師などになると人材紹介料で80~100万円費用がかかるので、2分の1から10分の1という非常に費用対効果の高い採用が実現できるのです。

また、この取り組みを毎月現場と連携することによって、採用担当者だけの負担にならず、定着アップにも繋がります。

これらが採用の仕組み化で成功している法人が実施している内容であり、クライアントも満足しています。

採用の仕組み化でもたらされるメリット

採用に苦労することなく、採用単価が安くなり、定着率も高くなる。
そんな夢のような内容を実現できている法人様はたくさんいます。

これほど良い効果をもたらすことができる手法を、11月13日セミナー講演致します。

【第3回 介護業界・中途採用仕組み化セミナー】
採用にお困りの医療法人・新規出店予定企業様必見!
脱「求人広告」「人材派遣」「人材紹介」有資格者×未経験採用成功手法!

是非一度、上記をお読みになられて皆様の採用活動の参考にされて下さい。

担当コンサルタント

植野 公介 ウエノ コウスケ

医療支援部

>詳しく見る

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む
トップに戻る
お問い合わせ