コラム
HOME > 組織活性化の記事一覧 > 増える児童・思春期患者に医院はどう対応すればいいのか?治療の質を落とさずに効率的に診察するための成功事例公開!
医療・介護・福祉・保育 全業種

増える児童・思春期患者に医院はどう対応すればいいのか?治療の質を落とさずに効率的に診察するための成功事例公開!

開業されている院長先生のお悩みを聞いていると、スタッフや非常勤で勤務されている先生方のマネジメントを課題にあげている先生方が多いです。
そんな院長先生の課題を解決し、下記の3点を明確にし、実行することでスタッフ採用の際の武器になります。

■ポイント1~診察時間の効率化~
初診の患者様はもちろん、再診の患者様でも診察が長くなってしまうこともあります。
しかし、予め「診察時間」を明確に伝え、「診察のゴール」も明確にすることで、診察時間をコントロールすることができます。

■ポイント2~医師・スタッフの充実
より多くの患者様を診察したくても医師・スタッフが充足せず診察ができない。というお声をよく頂きます。
しかし、医師がやりたいことの訴求の仕方、地域一番クリニックになることで人材確保のチャンスは多くなります。夢を実現できる医院作りが必要です。

■ポイント3~最新の診察形式にも対応~
昨年末に実質解禁となった「遠隔診療」にも対応しています。まだまだ本格的に活用している医院さんも少ないと思いますが、遠隔診療との相性が良いとも言われている心療内科で導入している事例をご紹介して頂きます。

以上、3点が講座のポイントとなりますが、ポイントだけでは実際に何をしているのか、また自院のやり方とどこが違うのかは実感できません。

当日は実際の流れやツールを特別に細かく説明して頂き、ノウハウを大公開して頂きます。
ぜひ、このセミナーでノウハウを吸収して頂き、患者様満足を下げずに、診療を効率化してみませんか。

また、今回は近年増加傾向にある「児童・思春期」の患者様の対応についても細かくお話頂きます。
こちらは第二弾のメルマガで内容を少しご紹介させて頂きたいと思います。

本セミナーの詳しい内容をご覧いただき、
ご興味のある先生は今すぐお問い合わせ・ご参加ください▼
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/012256.html

~締切間近!のセミナーの詳細~

【セミナー名】
心療内科医院経営活性化セミナー

【会場】
東京:11月20日(日) 13:00~17:00 株式会社船井総合研究所 東京オフィス

大阪:11月27日(日) 13:00~17:00 株式会社船井総合研究所 大阪オフィス

詳しいご案内は今すぐコチラ▼
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/012256.html

お申込みに関するお問い合わせTEL:03-6212-2224 担当:内場(ウチバ)

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます!

担当コンサルタント

塙 由布子 ハナワ ユウコ

医療・介護・福祉・教育支援部

>詳しく見る

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む
トップに戻る